🤶新年少の生徒さんがクリスマスリースを作りました🎄

新年少のクラスで、クリスマスツリーを作りました。
写真は、男の子の作品です。
少し戸惑いながらも、とても楽しんで完成させてくれました。

こうした工作では、楽しんで作ってもらうことがとても重要なのですが、一方で、単なるレクリエーションではなく、教育の狙いがあります。もちろん、受験のための技術でもあります。
この教育の狙いこそ、最も重要な要素なのです。

今回のクリスマスリースでは、色紙をちぎったり、糊をキレイに塗ったり貼ったり、モールをひねったりと手先をたくさん使いました。
テーマ(教育の狙い)は、ちぎり、糊づけ、シール貼り、モール捻りでの巧緻性トレーニングです。

これらのトレーニングを効果的に行えるよう、当教室の先生たちは、無批判に去年と同じものを使用するのではなく、よりよい題材がないか、よりよいパーツの組み合わせはないか、子どもたちが楽しんでくれるか、喜んでくれるか、などを真剣に考え、時間をかけて準備をしております。

幼児教室は、11月を新年度のスタートとすることが多いですが、特に年少、年中のお子さんに関しては、スタート時期にこだわる必要は全くありませんので、ご興味をお持ちの方は、お気軽に当教室の無料体験レッスンにお申し込みください。

 

 

お知らせ記事一覧