• +プレジャーの想 い
  • +プレジャーの3つの特長
  • 私たちが目指す児童像
  • 講座内容
  • サポートシステム

ひまわり組(年長)

<クラス概要>

■受講曜日、時間:水 14時45分~18時15分

■対象:水 14時45分~18時15分)

■内容:

(1)復習テスト

(2)メイン授業

(3)復習授業

(4)知識定着

(5)お話の記憶

(6)読み聞かせ

(7)発表

(8)制作 and/or 行動観察(口頭試問を含む)and/or 簡単な運動

メイン授業、復習授業

新年長の秋から年長初夏までの間に、ペーパー試験で出題される各分野(数、図形、推理、知識)を網羅します。

無理なく理解が進むような順番でカリキュラムを組み、各授業では、目で見たり、手を使ったりといった「経験」を大切にしています。

毎回お出しする過去数回分の内容を網羅した「宿題」や授業内で折に触れ実施する各分野の復習によるスパイラル学習により、 単なる「理解」を超えた確実な定着を目指します。

入試問題レベルの問題を解くにあたっても、最重要な時期といっても過言ではありません。

なお、春期、夏期の季節講座においては、上記各分野を網羅した講座を「単科」でご用意しておりますので、 苦手分野、未修分野に再度挑戦いただける機会としていただけます。

夏以降は、秋の本試験を意識し、複合的・応用的な内容に取り組むとともに、スピーディな解答方法や、いろいろな発問方法に対応できる聞き取る方法についても学習します。

なお、ご家庭では、なかなか家庭学習が進まない、時間が足りない、という方向け、志望校の過去の演習を沢山実施したいとお考えの方向けに、「演習講座(オプション)」も ご用意しておりますので、必要に応じご活用ください。

知識定着

季節や理科的常識など何度でも確認したい内容について、事物を確認したり、カードゲームの形にしたり、 色々な手法で何度も確認します。

読み聞かせ

小学校受験で出題される昔話、名作を読み聞かせ、受験に必要な知識を確認したり、 親切、食べ物のありがたさ、戦争、難民などのお話を読み聞かせることにより、お子様の世界観を広げたり、 あらすじに関する発問をすることにより、お話の記憶の一助とします。

発表:

毎週、その週にやったり感じたりしたことについて絵を描いてきていただくとともに、 お父様お母様にその絵についてお子様から聞き取っていただいた内容をコメントいただきます。 教室では、絵をお友達に見せながら、発表していただき、お友達からは、必ず質問をしていただきます。 絵の描き方、発表の仕方、質問の仕方、いずれもそのお子様に合ったコメントをお出しし、 回を重ねるごとにぐんぐん上手になっていきます。

制作:

初夏までは、毎回1~2個の制作を行うことで、楽しみながら、道具の使い方(ちぎりを含む)や色々な材料に慣れるとともに、 色々な工夫(ポップカード、3つ折り、立体物にする工夫、その他)についても経験します。

夏以降は、工作の工程をすべて覚えたり、スピードを意識したり、自分で工夫して制作したり、と応用的な内容に取り組みます。

道具やごみの置き方についても、年間を通じて注意していきます。

行動観察:

ゲームに取り組んだり、共同制作をすることを通じ、お友達と協力すること、ルールを守ること、必ず後片付けすることを学びます。 教室では出来ても、模試など外部の機会では成果が出し切れない方については、 お父様お母様とじっくり相談し、普段の生活の中でも練習していただきます。 簡単な運動:

ケンパー、スキップ、片足立ちなどの基本動作を楽しみながら学習するとともに、 指示行動の練習を通じ、指示を確実に聞き取り、行動に移すことやルールを守ること待っているときの姿勢を学びます。

前のページに戻る

トップ